憧れの夢の一人暮らしが悪夢となったA子さんの例

お部屋探しの防音においての失敗例をご紹介していきます。
初めての一人暮らしを夢見て、賃貸物件を借りたA子さんの事例です。

デザインの専門学校を卒業したA子さんは、都内での就職とともに、夢の一人暮らしを実現しました。物件探しの最優先条件は、家賃、駅チカ、セキュリティーなどでしたが、実際に一番、優先されたお部屋探しの条件は、物件そのもののデザイン性でした。お洒落な住まいを重要視したA子さんは、お部屋選びの段階で、外観、内観にはこだわりをもち時間をかけて、物件探しをしました。駅チカで、お洒落な物件の家賃は、A子さんの初任給では、なかなかみつかりません。都内の職場から数時間、電車を乗り継ぐような立地条件での物件を、除外したA子さんは、都内の駅チカでお洒落なシェアハウスを最終的に選びました。一戸建の空家をリフォームした木造一軒家のシェアハウスは、外観も内観もA子さんの希望通りのお洒落な佇まいです。シェアハウスの同居人も同世代で、雰囲気も抜群でした。ですが、そんなA子さんは、数日で悪夢に悩まされます。どんな悪夢かというと、トイレの渦巻きに溺れる夢にうなされて、毎朝目覚めるようになったのです。夢見た一人暮らしは、そんな悪夢からはじまりました。悪夢の原因はすぐに分かりました。シェアハウスのA子さんのお部屋は、共同トイレのすぐ隣にあり、トイレのフラッシュ音が壁を筒抜けて、A子さんの部屋に鳴り響いていたのです。共同トイレだったので、複数の人々が入れ替わり立ち代り、毎朝、毎晩、時間を問わず使用します。シェアハウスの人々との対人関係は快適ではありましたが、何気のない生活音が、A子さんの暮らしを蝕みました。木造一戸建ての日本家屋の防音対策に関しては、他人同士が共同生活をする上では、時には厳しいものがあるかもしれません。騒音の解決策として、日常的に耳栓を試してみることにしたA子さんですが、目覚まし時計のアラームが全く聞こえず、職場に遅刻するという新たな問題が度々、発生するようになってしまいました。そんなA子さんは、半年後、物件探しの最優先条件に「防音賃貸」を加えて、新たなお部屋探しに再挑戦しました。

騒音というものは、さほど気にならない時点では耐えられるものなのですが、一度騒音と認識して、気をとめてしまうと、苦痛に感じることが多い問題なのです。騒音とは、個々に感じ方が異なるものなので、皆さんが個人的な感覚として意識的に考えてみる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です